浮腰式腰痛治療器プロテックⅢ

プロテックⅢは浮腰式腰痛治療法で腰痛を治療します。

◇浮腰式腰痛治療法とは??
腰痛を治療するには緊張状態にある筋肉を運動によりほぐし、血流促進することが極めて有効であることが知られています。
プロテックⅢの治療の基本は上半身を抱え、浮かせることにより、椎間板(腰部)に掛る負担を取り除き、痛みを緩和しながら、運動療法を行なう、まったく新しい治療法です。

特徴

☑下半身を宙に浮かし腰部の負担を取り除きます。
☑腰痛を緩和した状態で運動療法が行なえます。
☑身体に対して優しく、極めて安全な治療法です。

モバイルサイバー9000

☑低-高周波治療器でバッテリー搭載をしていて院外でもコードレスで使用可能。
☑フィードフォワード(傾向性予測)制御で人それぞれ異なる損傷状態の傾向を予測し、察知し治療します。
☑プローブ・スキャンニング・システムによりVOLプローブ使用中に患部の損傷状態察知しながら治療します。
☑ポイントで治療を行ない手元のプローブで出力調整しながら、スキャンニング治療を行ないます。

腰痛・ぎっくり腰・捻挫・むち打ちなどの治療

超音波診断装置 ”F37”(エコー)
腰痛・ぎっくり腰・捻挫・むち打ちなど治療機器も使いながら治療します。
患部にあて、その画像がそのままモニターに映し出させるので患者様も自分の映像を確認できます。模型を使って関節の動きや構造をしっかり教えてもらえる事、今の状態がどうなっているのか、その場で説明してもらえるのでわかりやすく大好評です。
超音波診断装置とは?
エコー画像により患者の患部を動的に見る事ができます、これにより筋、腱、靭帯や関節の動きを立体的に観察できます。また、血流速度を計測したり、細い血管も容易に観察できます。レントゲンと違い放射線を使わず、人体に無害で安心、安全です。
Super Trac
能動型自動間欠牽引装置で、椅子に座った姿勢で腰椎牽引治療する装置です。 仰向けの姿勢をとるのがつらい患者様にはおススメです。
干渉波治療器
従来の2点の低周波に比べ、干渉波では4点の通電するためより立体的・深部に広範囲効果有り痛い部分を囲み、血流を良くし痛みを和らげます。
ASVIN (微弱電流)
生体電流に近い微弱電流が細胞の活性化と修復を行なうので即効性に優れた治療装置患者様の痛みを和らげます。
超音波治療器
超音波振動により硬くなった筋肉をゆるめ、腰痛・神経痛・関節痛などに効果的筋・関節の痛みや萎縮を軽減させ筋腱の炎症を和らげます。
ローラーベッド
寝たまま体全体(肩・腰)の筋肉をほぐして筋肉の緊張を和らげ、血行を良くする装置リラックス効果もあります。
WA治療器
東洋医学と西洋医学の融合と総合を目指して開発された理学療法器ベッドが左右にスライドして骨盤の歪みや筋肉の緊張を和ら、痛みを軽減します。
レーザー治療器
低出力レーザーは急性・慢性の疼痛や炎症を緩和し、同時に生体自己治癒力を高めます。 「腫張」「コワバリ」の軽減に非常に効果があります。
マクロ波
生体組織内の温度を上げ血行促進させる効果があり、痛みを和らげる
トムソンベッド
頚部・胸部・腰部・骨盤部にあるクッション部が上下運動し、わずかな衝撃(慣習の法則)で体に矯正刺激与えます。油圧の力で骨盤のズレや歪みを矯正します。又、ほとんど痛みは感じません。
SSP治療 (低周波治療)
東洋医学の鍼治療の応用で、針を使わずツボ刺激ができ、鍼治療と同様の効果を発揮する治療法「刺さない鍼治療」という発想のツボ刺激効果で、ツボを使って痛みを和らげます。